So-net無料ブログ作成

NHK紅白歌合戦2019の出場歌手が発表、AI美空ひばりに賛否両論! [テレビ]

NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表


singer.jpg
年末恒例の第70回NHK紅白歌合戦(12月31日 後7:15~11:45 総合ほか)の出場歌手がNHKから発表されました。

今年のテーマは、「夢を歌おう」で、総合司会が内村光良(ウッチャンナンチャン)とNHKの和久田麻由子アナウンサーで、紅組の司会が綾瀬はるか、白組の司会が櫻井翔(嵐)となっています。

紅白歌合戦の選考基準について


1.今年の活躍
A)CD・カセット・DVD・Blu-rayの売り上げ
B)インターネットでのダウンロード・ストリーミング・MV再生回数・SNS等についての調査
C)有線・カラオケのリクエスト等についての調査
D)「NHKのど自慢」の予選出場者の曲目

2.世論の支持
E)7歳以上の全国2235人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による世論調査の結果
※ 質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」
F)7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査の結果
※ 質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組以上10組まで」

3.番組の企画・演出
出典:NHK紅白歌合戦公式HP

これらをふまえて選考されたそうです。さっそく出場歌手を見ていきましょう。

紅組出場歌手(出場回数順)


石川さゆり(42)
坂本冬美(31)
天童よしみ(24)
松田聖子(23)
水森かおり(17)
aiko(14)
Perfume(12)
AKB48(12)
いきものがかり(11)
椎名林檎(7)
島津亜矢(6)
乃木坂46(5)
MISIA(4)
Superfly(4)
欅坂46(4)
丘みどり(3)
TWICE(3)
Little Glee Monster(3)
日向坂46(初)
Foorin+Foorin team E(初)プロデュース米津玄師
LiSA(初)

白組出場歌手(出場回数順)


五木ひろし(49)
郷ひろみ(32)
氷川きよし(20)
福山雅治(12)
嵐(11)
ゆず(10)
関ジャニ∞(8)
DA PUMP(7)
三山ひろし(5)
山内惠介(5)
星野源(5)
Hey! Say! JUMP(3)
三浦大知(3)
純烈(2)
King & Prince(2)
Official髭男dism(初)
King Gnu(初)
菅田将暉(初)
Kis-My-Ft2(初)
GENERATIONS from EXILE TRIBE(初)

紅白の目玉企画、AI美空ひばりに賛否両論


9月29日(日)に放送されたNHKスペシャル『AIでよみがえる美空ひばり』は、賛否両論の大反響を呼びました。

11月12日(火)のうたコン「豪華けんらん!歌姫女子会」では、ステージ中央の美空ひばりの衣装を岩崎宏美、AKB48(柏木由紀など)、丘みどり、倖田來未、島津亜矢などが囲むような形でAIの音声とコラボレーションをして話題になりました。

AIでよみがえる美空ひばりとは


今回の取り組みは、日本放送協会(NHK)主導のもと、多数の協力者を得て実施されたもので、没後30年を迎え、歌謡界のトップを走り続けた絶世のエンターテイナーである美空ひばりさんの新曲ライブを現代のAI(人工知能)技術を用いて実現するというものです。4K・3Dの等身大のホログラム映像でステージ上に本人を出現させ、秋元康さんがプロデュースした新曲を、美空ひばりさんの歌声で再現するというプロジェクトとなりました。引用元:YAMAHAニュースリリース

2019年は、美空ひばりの没後30年にあたります。このプロジェクトは、AIプログラマー、CGプログラマー、3D立体投影の第一人者が参加しています。歌声を担当するのは、歌声合成ソフトボーかロイドを開発したヤマハのエンジニアチームで「VOCALOID:AI」を用いて美空ひばりの歌声を再現しました。

レコード会社が持っている過去の楽曲からボーカルのみの音声を抽出して(※番組のニュアンスとはやや異なり、ヤマハのプレスリリースにはこう書いてあります。)教師データとしてディープラーニングさせたそうです。

4オクターブ分の五十音をすべて拾って、ビブラート、裏声、歌声を調べてみたら、高次倍音が含まれているなど、複数の音が同時に聞こえる歌い方をしていることがわかったりして(※モンゴルのホーミーと呼ばれる歌唱法に似ているそうです。)途方もない作業におわれて相当苦労していましたね。

語りの部分もあって、話し言葉の再現には息子がもっていた美空ひばりの読み聞かせテープ(みにくいアヒルの子、裸の王様、三匹のこぶたなどの童話を録音していた2時間の音声データ)をもとに再現していました。

美空ひばりの等身大3Dホログラム映像は、天童よしみがモーションキャプチャーをつけて再現していましたね。髪型は、25年間ヘアメイクの担当をしていた女性がモデルの髪を結ったものを映像化、衣装は、美空ひばりが42歳のころからずっとステージ衣装を手がけた森英恵のオリジナルデザインのドレスを採用しました。

AI美空ひばりをみた感想


実際に見た感想としては、3Dホログラムのできはまずまずといったところで、歌については十分合格点に達していると思いますね。

ただし、そっくりかどうかというと、微妙なところで、たとえば美空ひばりのモノマネをする青木隆治のほうががそっくりに聞こえます。

AIの目指すところとは、また少し方向性が違うような気がしますね。モノマネは常人が気づかない特徴をつかまえて誇張します、美空ひばりとして認識する部分があってその部分を上手に真似ているような気がします。アプローチを変えてAIがモノマネ芸人の再現をしたらどうなるか見てみたいですね。案外、似ていると感じるのではないでしょうか。

最後に


AI美空ひばりに新曲『あれから』を歌わせることについては、ネットを見る限りでは、不評ですね。この世にいない人に歌わせたり、セリフをしゃべらせたりするのは倫理的にどうなのかという意見が多く見られます。

番組によると、こうしたAIをつかって、故人を生き返らせる取り組みは、世界中で行われているみたいですね。テレサ・テン(アジアの歌姫)、バディー・ホリー(1950年代のロックンローラー)、マリア・カラス(20世紀最高のソプラノ歌手)。

世界でも賛否両論あるようで、確かにひっかかる部分はありますね。人々を感動させようとする芸術、芸能の分野もあれば、人々の心を扇動する政治的な分野もあります。番組でも政治のフェイクニュースに悪用される危険性に触れていましたが、しゃべらせたい人物がこの世にいないヒトラーだったら。。。「ヒトラーの幻の音声がみつかりました!」そして、その内容が未来を予見して見事に言い当てているものだったら。。。すこし怖い気がしますね。

NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばりの放送予定


NHK BS4Kで11/23(土・祝)20:00~20:59 (再放送 11/28(木)15:45~)
※未公開映像を加えた(拡大版)

NHK BSプレミアムにて12/7(土)20:00~20:59

新曲『あれから』 歌:AI 美空ひばり
作詞 秋元康 
作曲 佐藤嘉風 
編曲 野中“まさ”雄一
秋元康プロデュース


nice!(9) 
共通テーマ:日記・雑感

兄弟芸人「ミキ」、ツイートでステマ?京都市より報酬100万円! [テレビ]

ミキのツイートに京都市が報酬100万円


geisha.jpg
京都市が2018年度、京都国際映画祭のPR事業の一環で、市の施策をよしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)に所属する漫才コンビにツイッターで2度にわたって発信してもらうため、計100万円を支払う契約をしていたことが28日、市への取材で分かった。日刊スポーツより

この漫才コンビは、「ミキ」です。兄弟漫才でアイドル的な人気を博していますね。そこに目をつけること自体は、すばらしいことなのでしょうが、公的なお金を使って、それとわからないようにして広告していたことが問題となってしまったみたいですね。

ミキの発言の信頼性が落ちる、京都市の発信の信頼性が落ちる、吉本興業の発信の信頼性が落ちるということになるのでしょうか。

日本国内の観光客も呼び込もうとする姿勢自体は批判されるものではないと思います。京都名誉観光大使、京都国際観光大使、京都観光おもてなし大使といった京都観光サポーター制度というのもあるそうですから、うまくやってもらいたいですね。

ステルスマーケティングとは


企業が自らまたは第三者に依頼して、消費者に商品やサービスの宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。略して「ステマ」と呼ぶ。報酬を得ているにもかかわらず、あたかも公平な評価であるかのように見せかけた記事をサイトに掲載したり、一般消費者を装って好意的な感想や推薦するコメントをSNSに投稿したりするなど、宣伝であることを意図的に隠すことによってユーザーの印象を操作しようとする行為が該当する。「サクラ」や「やらせ」に近いと言える。マーケティング手法といえるものではなく、消費者を欺き、情報の信頼性を失わせる不公正な行為である。
引用元:インターネット広告基礎用語集2019年度版


ステルスマーケティングというのは、日本ではまだ明確な基準がないそうですね。なので具体的にこの名前で規制をされているということはないようです。口コミの自作自演だとかそういうものは、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)で対応しているみたいですね。

ネットや新聞の記事と広告


インタネット上の広告は、業名やブランド名に加えて、#PR、#協賛、#提供、#プロモーションだとかそういう表示がしてあって基本的に広告だとわかるようになっていますね。【PR】、このタイプもよく見ます。広告業界の自主的なルールというのか広告のガイドラインもだんだんと整備されているそうです。

新聞も記事まがいの1面広告が増えてきて、そうしたページには記事広告という表示がついていて、あっ、これは広告だということがわかるようになっています。新聞記者の体験によって感じた商品のすばらしさが記事になっているのではなくて、メーカーがお金を払って商品の良さをアピールさせてもらっているということなので、ちゃんと線引きがしてあるということですね。

最後に


商品だったり、食品だったり、いろいろなケースがありますが、実際に体験をしている場合には、正直に感想をいうというのが1番いいような気がしますね。商品のレビューもそうですけど、本当に存在している人が本当の感想を書き込んでいるというのが望ましいと思います。

ひとつひとつ疑いながら情報に接していくのもわずらわしいものがありますが、便利さと引き換えにやむを得ず受け入れている部分なので、できるだけ信頼できる情報であふれかえっていてほしいですね。


nice!(9) 
共通テーマ:日記・雑感

プレバトが俳句甲子園優勝弘前高校と対戦!2017年~2019年の試合結果 [テレビ]

プレバト俳句対外試合について


furuike.jpg
プレバトで恒例の俳句対外試合がおこなわれ、2019年 第22回俳句甲子園優勝校の弘前高校と対戦しました。3回戦勝負、それぞれの句に質疑応答をして審査員11人が判定します。票(旗)数が多いほうが勝ち。これが3回目の俳句甲子園優勝校との対戦になります。2017年、2018年の試合も合わせてみていきましょう。

プレバトvs2019年俳句甲子園優勝弘前高校の結果


プレバトvs青森県立弘前高等学校(青森県)
対決のお題は『道後温泉』
一回戦

フルーツポンチ 村上健志(名人10段)
×(4票) 湯上りの 夜の道後よ 秋めきぬ
Aさん
○(7票) 湯冷めして 脳の吸はれて ゆくやうな
二回戦

東国原英夫(名人10段)
○(8票) 子規に似た 蝗(いなご)がおった 食うたった 
Bさん
×(3票) からくりの 人形踊り 秋の暮
三回戦

立川志らく(特待生1級)
×(1票) 消灯直前(まえ)に 来た客と月夜の 温泉(ゆ)の中
Cさん
○(10票)番台の 隠れ飲みたる ラムネかな

2勝1敗で弘前高校の勝ち

プレバトvs2018年俳句甲子園優勝徳山高校の結果


プレバトvs山口県立徳山高等学校(山口県)
対決のお題は『俳都』
一回戦

FUJIWARA 藤原敏史
○(7票) マッチ箱の 汽車眩し 夕虹の街
Aさん
×(4票) 峯雲や 俳都へ向かう 船の上
二回戦

フルーツポンチ 村上健志
×(4票) 西日へと 坊ちゃん列車 転回す
Bさん
○(7票) トロフィー掲ぐ 松山の天高し
三回戦

東国原英夫
○(9票) 鰯雲 仰臥の子規の 無重力
Cさん
×(2票) 朧月 人それぞれに ある言葉
※朧月(おぼろづき) 春のぼんやりかすんで見える月

2勝1敗でプレバトの勝ち

プレバトvs2017年俳句甲子園優勝開成高校の結果


プレバトvs開成高等学校(東京都)
対決のお題は『子規と野球』
一回戦

フルーツポンチ 村上健志
○(6票) 野球部の 従兄は素振り 盆の月
Aさん
×(5票) サイダーの激し 野球に負けてきて
二回戦

NON STYLE 石田明
○(7票) 秋天を抜け 百年をゆく飛球
Bさん
×(4票) ユニフォーム ましろきままに 夏の果
三回戦

FUJIWARA 藤原敏史
×(4票) 少量の 秋の来ている 外野席
Cさん
○(7票) 試合果つ 二百十日の バット置き
※二百十日 立春から210日目、農家の厄日

2勝1敗でプレバトの勝ち

一番好きな句を選ぶ


過去3回の中で一番好きなものを選ぶとすれば、東国原英夫の詠んだ句ですね。夏井いつき先生による2018年(全339句)の最優秀俳句にも選ばれています。

鰯雲 仰臥の子規の 無重力

解説によると、鰯雲は、正岡子規が闘病の末、意識が無重力状態になってできたものではないか、と発想を膨らませた一句だそうです。

仰臥というのは仰向けに寝ることで、『仰臥漫録』という正岡子規が最晩年に書いた日記からきているようですね。

仰臥漫録とは


『仰臥漫録』は、子規病床の手記で2分冊となっており、日記を中心に俳句、短歌、彩色画など、多彩な内容となっている。日記は、明治34年(1901)9月2日から10月29日、明治35年(1902)3月10日から12日、同年6月20日から7月29日までのものとなっており、特に子規は 毎日の食事について事細かに記している。(中略)『仰臥漫録』は、公開を意図していなかったため、子規の率直な感情が赤裸々に吐露されている。特に明治34年10月13日には、「自殺熱ハムラゝゝト起ツテ来タ」、「古白曰来」と記している。(中略)古白とは、子規の従兄弟であり、若くしてピストル自殺をした人物である。
引用元:東北大学附属図書館 夏目漱石ライブラリ


行方不明になっていた原本が、没後100年の2002年に発見されたみたいですね。角川ソフィア文庫からでている仰臥漫録は自筆の彩色画がカラーで掲載されているそうです。

子規の年齢は明治の○○年からマイナス1をするといいみたいですね。明治35年の9月に34才の若さでなくなっています。死ぬ数ヶ月前まで、筆をとっていたことになりますね。

最後に


肖像写真が有名で、もっとも教科書に落書きをされてしまう歴史上の人物ですけど、壮絶な生き方をされていたみたいです。不謹慎なことをするべきではありません。誰にでも間違いはあります。それはひとえに無知からくるものではないでしょうか。心当たりのある人は、一緒に反省をしましょう。


nice!(11) 
共通テーマ:日記・雑感

伯方の塩CM二代目声優オーディション、Novembreが見事グランプリに! [テレビ]

伯方の塩、声優オーディション結果が発表


テレビCMなどでおなじみの伯方の塩(伯方塩業株式会社)が、『伯方の塩 二代目声優オーディション』をおこない審査結果が発表されました。

二代目声優はNovembreに決定!


全国から、素人からプロまで2639件のtwitter投稿があったそうです。グランプリには、男女アコースティックデュオのNovembre(ノヴァンブル)が選ばれ、見事、伯方の塩のWeb広告出演権と賞金10万円を獲得しました。公式HPより

Novembreとは


Novembreは、ボーカルが南詩乃、ギターが梅田晋之介(うめしゃん)で、2011年の11月に結成。二人とも11月生まれということもあり、フランス語で11月を意味するNovembreをユニット名にしたみたいですね。現在は、福岡を拠点にして活動しているそうです。これから忙しくなるのではないでしょうか。

伯方の塩二代目声優Novembreの投稿作品と喜びのコメント


さっそく動画を見てみましょう。



は たらく
か ていの
た のもしい味方
の ぞいたキッチン
し あわせの音色
お いしいご飯の決め手

は ・か・た・の・しお♪

と、あいうえお作文(たて読み)になっているみたいですね。今までは、料理人の神田川俊郎や演歌歌手の髙城靖雄がCMソングを歌っていたり、塩田とか工場とか、かつての製法、現在の塩作り、会社や商品そのものをイメージさせるようなCMが多かったので、食卓にイメージを持ってくると新鮮に感じますね。これからつくられるWeb広告は、二人のやさしい雰囲気を生かしたものになるかもしれませんね。

伯方の塩のCMの初代声優は誰?


もともとのCMのフレーズは、強烈なインパクトがあるのでCMを見たことがある人なら誰でも口ずさめるでしょうね。二代目というと、じゃあ初代は一体誰なんだってことに当然なるわけですが、しかし、しかし、この初代の声優は誰が歌っているかわからないのだそうです。

CMの制作会社が、声優にストリートミュージシャンを起用したものの、情報がまったく残っていなくて、伯方塩業が探してもわからなかったみたいです。

続報、伯方の塩のCMの初代声優が判明


本人が自己申告したのでしょうか。伯方の塩のCMの初代声優が、判明しました。9/21の夕刊フジによると、87年から放送されているCMの初代声優は、大阪音楽大学の名誉教授、塩谷信広氏だそうです。スタジオミュージシャンもされているみたいですね。当時のギャラは3万3333円だったそうです。

今回の「二代目」バージョンはWeb広告のみなので、テレビCMはいままで通り塩谷氏の「♪はっ・かっ・たっ・の・しお♪」でいくとのことです。

伯方はいったいどこにあるのか


伯方は、福岡の博多と勘違いされることが多いみたいですが、会社名、商品名に使われている伯方は、地名からきています。愛媛県今治市にある伯方島(伯方町)ですね。ちょうど愛媛県今治市と広島県尾道市の島々を結ぶしまなみ海道(西瀬戸自動車道)がとおっています。今治市の側から二つ目の島ですね。

かつては製塩業がさかんで、塩田で自然塩が作られていたそうです。いまは、そこに工場があって、オーストラリアやメキシコの天日塩田塩を日本の海水にとかして、加工しているみたいです。

大三島にある工場では工場見学も行われていて、昔ながらの塩作りを忠実に再現した流下式枝条架併用塩田や塩作り体験なども人気を集めているみたいですね。名物は、伯方の塩ソフトクリームで好評のようです。

最後に


今回のオーディションは、商品名を多くの人が口ずさんでSNSで拡散されました。大変うまいやりかたですね。初代声優のインパクトがすごいのでそれをこえられるかどうか、注目したいですね。


nice!(3) 
共通テーマ:日記・雑感

松本人志の人気番組「クレイジージャーニー」で複数のやらせが発覚! [テレビ]

TBSの「クレイジージャーニー」でやらせが発覚


questions.jpg

TBSのバラエティー番組「クレイジージャーニー」でやらせが発覚しました。TBSの「クレイジージャーニー」からのご報告とお詫びによると、生息域で生物を発見できなかったので、あらかじめ準備しておいた生物を放って撮影したとのことですね。

爬虫類ハンターとしておなじみの加藤英明氏がでている放送回で行われたようです。11回の放送で43種類の生物が登場。そのうちの15種類が、事前に準備したものだったようです。

加藤氏といえば、テレビ東京の「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」で外来生物の駆除にあたったり、日本テレビの「 ザ!鉄腕!DASH!!」でも外来生物を捕獲して調理するグリル厄介というコーナーにも出演し、非常に活躍している人ですね。

今回の件では、全く知らないということで、関与はしていないみたいですね。事前に打ち合わせをしておかないと、動物が逃げたりするのではないか、というような疑問もわいてきますが、今のところそういうこともないようです。

「クレイジージャーニー」の制作スタッフが、ADに暴行して異動になったというニュースがあったばかりです。今後、この番組が継続していけるのかどうか気になりますね。出演者の松本人志、設楽統、小池栄子からもそのうちコメントが出されるのではないでしょうか。

クレイジージャーニーについて


月間ギャラクシー賞、放送文化基金賞エンタメ部門最優秀賞と表彰もされるような優良番組だったので視聴者のショックが大きいのではないでしょうか。イッテQと同じでドキュメンタリー風の番組というのは、やらせが発覚したときの反響が大きいですね。

演出がどこまで許されるかということだと思いますが、そこにいないものをいることにして、驚いてみせるというのは興がさめるような気がしますね。

この番組には、世界的な冒険家など超一流のその道のプロフェッショナルが登場していて、目新しい情報のオンパレード、ワクワクするような話が聞けるということで、番組DVDもオリコン一位になるなど人気を集めていました。

いわゆるやらせの何が問題かというと、この番組で有名になった写真家ヨシダナギなど、ほかの出演者、ほかの放送回にまで悪影響が及ぶということですね。

以前にも同じようなことを書きましたが、出演している外国人は現地の人なのかどうか、撮影している場所が現地なのかどうか、鳴り響いている音は実際の音なのかとか、いろいろと疑い始めてしまいます。こうなると、面白さからどんどんかけ離れていくのではないでしょうか。

元テレビ関係者の指摘


この問題については、元テレビ朝日社会部記者でライターの鎮目博道の記事が、現場の目線で非常にわかりやすかったですね。

要約すると、海外ロケが非常に増えていているけれども、予算が限られていると。その中でお目当ての映像を撮れるのかどうか。ビザをとったり、予防接種をうったり、視聴者が考える以上に日数もかかるみたいですね。珍しい生物はだいたいが辺境の治安の悪いところにいるから、現地に行くこと自体が難易度が高いそうです。

そのため、海外に不慣れなスタッフが、番組を担当すると現地のコーディネーターにあれこれ注文をしてしまう。そうすると、限られた予算、出演者のスケジュールにあわせた限られた時間、諸々のしわ寄せがコーディネーターにむかってしまうみたいですね。

それらが負担となって、過剰演出につながっていくのではないかと指摘していました。イッテQでおきた問題も同じ構造のようです。

最後に


消えた天才という番組でもやらせが発覚していました。かつて、全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の少年がいて、その子が投げるシーンで、7球ほど早回しをして、実際よりも2割程度速くみせる加工をしたそうです。

昔からTBSは問題の多い会社で、捏造、やらせ、サブリミナル、テレビでできるであろうありとあらゆる悪さをやっていますね。坂本弁護士一家殺人事件の原因を作ったことで、ワイドショーはもうやらないといいながら、それを忘れてワイドショーをやっているという指摘もあります。

ほかの業界とちがって断罪されることがないので反省しないのかもしれませんね。TBSは、世界に売れるような番組を作ったり、面白い企画も多いと思います。この機会にしっかり膿を出してもらいたいですね。


nice!(14) 
共通テーマ:日記・雑感

©2019 ほぼほぼ日刊ブログ    ページトップ