So-net無料ブログ作成

11月22日から二十四節季の小雪です [季節]

小雪(しょうせつ)と七十二候について


winter.jpg

西日本でも初冠雪が観測されるなど、だんだんと冬の雰囲気が感じられるようになって来ました。

こたつ開きといって、11月の亥の日にこたつを出すと火事になりにくいとという話があるそうです。今年は、11月10日でしたが、こたつを出すにはまだはやい気がしましたね。

亥の日は、火難を逃れる(※ちなみに、陰陽五行説で亥は水なので火に勝るということのようです。)とされていて、昔は、武家が、最初の亥の日、町人の家が2番目の亥の日にこたつ開きをしたそうです。

2番目の亥の日は、11月22日なのでこたつを出すのにちょうどいい日かもしれませんね。

七十二候は、ちょうどこの時期を3つに分けています。


初候は、虹蔵不見(にじ、かくれてみえず)空気が乾燥し、日差しが弱くなると虹があまり見えなくなります。北陸では、冬季雷(とうきらい)という雷が増えてきます。

次候は、朔風払葉(きたかぜ、このはをはらう)冷たい風が吹いて木の葉が払い落とされ、落ち葉が積もるころ。朔とは北のことで、朔風とは木枯らしのことをいいます。

末候は、橘始黄(たちばな、はじめてきばむ)橘は、日本に自生する唯一の柑橘です。葉は周年青々としているが、このごろになると実が黄色く色づき始め鮮やかな色合いになります。出典:にっぽんの七十二候

小春日和について


旧暦では、小雪の時期にあたる10月を小春というそうです。そのため、この時期にふと訪れる暖かい日を小春日和といいました。

文化庁の広報を見ていると面白いことが載っていました。平成26年度の国語に関する世論調査で小春日和という言葉が正しく使えているかどうか調べたそうです。本来の意味である「初冬の頃の、穏やかで暖かな天気」と答えた人は51.7%でした。「春先の頃の,穏やかで暖かな天気」と答えた人が41.7%と拮抗しつつあるようです。

小春日和は、山口百恵の『秋桜』という曲のサビの部分にも使われていますね。こんな小春日和の穏やかな日はほにゃららら。42年前の歌で、10月から11月ごろのことを歌っていると思いますが、今よりもきっと寒かったのでしょうね。今聞くと、微妙に季節感がずれているように感じます。

話がちょっと横道にそれますが、『秋桜』の曲をウィキペディアで調べようと、コスモスと打ち込んだところ秋桜って候補がでないので???となったわけですが、この曲は、小春日和というタイトルにする予定だったのを秋桜に変更して、プロデューサーが和名のあきざくらと読むべきところを当て字でコスモスに変えたらしいですね。この曲のヒットで、秋桜(コスモス)が一般化したようです。

小春日和は、春先にも使う人が増えているようで、本来の意味するところとは離れて旧暦との関連性はこれから薄れていくのではないでしょうか。

寒い時期のちょっとしたポカポカ陽気という具合により使いやすい言葉になるといいですね。

勤労感謝の日と新嘗祭について


この時期には、11月23日の勤労感謝の日があります。この日は、もともと新嘗祭の祭日にあたります。天皇陛下が、即位後にはじめておこなう新嘗祭は特別なもので、それが11月14日からおこなわれた大嘗祭にグレードアップしたわけですね。

大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀、大饗(だいきょう)の儀と滞りなくおこなわれました。一世一代というのは、まさしくこのときのためにあるような言葉で、大変重要な儀式とされています。特別に収穫された「とちぎの星」と「キヌヒカリ」が神前に供えられ、天皇陛下みずからも召し上がりました。

今回、ネットで配信されたものも見てみましたが、こうした宮中祭祀がいまなお日本で続いているということにあらためて感動しました。

皇室については、国民の理解もあり、敬意ももたれていると思います。いまのうちに、どうすれば皇室が安定的に続いていくかという議論もすすめていってほしいですね。


nice!(4) 
共通テーマ:日記・雑感

11月8日から二十四節季の立冬です [季節]

立冬(りっとう)と七十二候について


autumnal_leaves.jpg
立冬は、暦の上では冬が始まる日になります。5日に、気象庁のアメダス926地点のうち500地点以上で今シーズンの最低気温を記録して、急激に寒さが感じられるようになってきました。

もみじも色づき始めようやく紅葉の見ごろを迎える地域が増えてきました。ウェザーニュースの紅葉見ごろ予想マップなどを見てみると、平年並みかやや遅いところが多そうですね。

七十二候は、ちょうどこの時期を3つに分けています。


初候は、山椿開(つばき、はじめてひらく)、つばきと読みますが、実際には山茶花が(さざんか)の花が咲き始めます。枯れの景色の中、鮮やかに咲き誇るようすが華やかです。

次候は、地始凍(ち、はじめてこおる)、冬の冷たさがいっそう増し、大地は凍り始め、朝は霜や霜柱が見られることもあり、いよいよ冬を迎えます。

末候は、金盞花(きんせんか、さく)、水仙の花が咲き上品な香りが漂い始めるころ。金盞とは、金の杯を意味し、黄色の冠をつけた水仙の花の別名です。出典:にっぽんの七十二候

酉の市(とりのいち)について


11月の酉の日に各地で行われる祭礼です。縁起物である熊手やかっこめ(熊手御守)で商売繁盛や、開運を祈ります。熊手で、福をかきこむという江戸っ子の洒落がきいているそうです。

七五三について


ちょうどこの時期に七五三もありますね。七五三は、11月15日ごろに親子がそろって神社にお参りをし、子どもの成長を神様に感謝し、これからの無事を祈る、昔からある風習です。男の子は、3歳と5歳(数え年もしくは満年齢)、女の子は、3歳と7歳に七五三詣をします。千歳飴(ちとせあめ)は、子どもの長寿を願います。

3歳の時には、髪置きといって、この日から髪を伸ばし始めることをしたそうです。
5歳の時には、袴着(はかまぎ)といって、この日から袴を着始めることをしたそうです。
7歳の時には、帯解(おびとき)といって、付け紐から帯でしめる着物にかえることをしたそうです。

通過儀礼のようなものでしょうか。むかしは、七五三をすませて晴れて一人前としてあつかわれたみたいですね。

最後に


一気に、朝晩が寒くなってきました。天気予報を見ていたら、本州では、初雪が降るかもしれませんね。

ことしは、10月に大きな台風が関東地方などを直撃して、とんでもない被害をあたえました。水を吸った畳だったり、いちいち重くて、臭くて、寒い中で、大変つらい思いをされているとおもいますが、国をあげてなんとか早く復興をしてもらいたいですね。


nice!(7) 
共通テーマ:日記・雑感

10月24日から二十四節季の霜降です [季節]

霜降(そうこう)と七十二候について


autumn_girl.jpg
10月になって台風が来て、日本中で大変な被害がでてしまいました。南の海水温が高いということで、非常に大きな台風でした。コンクリートか人か、ダムか脱ダムか、政治的な対立をして防災をしてきたことが、一体どういう結果をもたらしたのか、検証するよい機会にもなるのではないでしょうか。

それにしても今年は、暑かったですね。半そでで過ごせる期間がいつにも増して長かったような気がします。ようやく、朝晩の寒さが感じられるようになって来ました。初霜が観測されたニュースもようやく届くようになりましたね。

霜の目安について


目安は、翌朝の最低気温が3℃以下になると予想されるときです。気温3℃では、霜が降りる寒さとは思えないと感じられるでしょう。じつは、気温の観測は地面から1.5mの高さで行われていて、当然ながら、気温の予想もその高さを基準としています。冷気は重いため、地面付近にたまりやすく、地上1.5mの高さではプラスの気温でも、草木のある地面付近では氷点下となる場合が多いのです。引用元:NHK趣味の園芸2014年4月号より

七十二候は、ちょうどこの時期を3つに分けています。


初候は、霜始降(しも、はじめてふる)、霜がはじめて降りるころ。昔は霜は雪と同じように空から降ってくると思われていたため、「降る」という表現が用いられます。

次候は、霎時施(こさめ、ときどきふる)、さあっと降っては晴れ間が広がる通り雨(時雨)が多くなる季節。秋の初時雨は、人や動物が冬支度を始める合図です。

末候は、紅葉、蔦、黄(もみじ、つた、きばむ)、もみじや蔦が色づくと秋も本番です。紅くなるのは「紅葉」、黄色くなるのは「黄葉」と区別するのは日本人ならではの細やかさといえるでしょう。
出典:にっぽんの七十二候より

こも巻きについて


ちょうど、霜降の日にあわせて「こも巻き」をするのが恒例行事になっているところがありますね。広島の縮景園、山形の鶴岡公園など、各地で秋の風物詩となっているようです。

こも巻きというのは、マツ(アカマツ、クロマツなど)にマツカレハなどの害虫がついて木が枯れないようにするためにおこないます。わらで編んだコモをマツに巻いておくと、害虫が寒さしのぎに「こも」の下に隠れて冬を越すそうです。

来年の3月、二十四節気の一つである啓蟄(けいちつ)の日に、木に巻きつけた「こも」を外して焼却処分するそうです。

かえでの紅葉について


かえでの紅葉については、気象庁が全国各地で観測しているみたいですね。生物季節観測累年表といって、1953年から2015年までのデータが公開してあります。

たとえば、東京だと1953年は11月8日に紅葉していたものが、2015年になると12月4日に紅葉しています。60年以上経って、紅葉の時期が一ヵ月近く、遅くなっているみたいですね。

かえでがなぜ赤くなるか


葉は、黄色くなるものと、赤くなるものと樹木にもいろいろとありますが、それぞれ理由があるみたいですね。
赤く染まる葉は、秋が深まり気温が低下・日が短くなると、葉の根元と枝の間に【離層(りそう)】と呼ばれるコルクのような組織が形成されます。すると、光合成で作られた糖が枝などに届かず、日光を浴びて糖とタンパク質が化学反応し、アントシアニンという赤い色素が作られるのです。引用元:ウェザーニュース

夏の間に日光をたくさん浴びているほど、葉っぱに含まれる養分が多くなって、アントシアニンの量が増えてより鮮やかになるといえるそうです。

最後に


一説によると、紅葉の時期もどんどん後ろにずれていって、2050年ごろには京都の紅葉の見ごろがクリスマスの時期になるんじゃないかというような予想もあるみたいです。これはこれで、ポインセチアの日本版みたいな形で逆に新しい文化が生まれるかもしれませんね。



nice!(7) 
共通テーマ:日記・雑感

10月8日から二十四節季の寒露です [季節]

寒露(かんろ)と七十二候について


autumn.jpg
台風の影響か、10月になっても真夏日をたびたび記録するなど、秋といえるような季節ではなくなっているような気がします。それでも日はだんだんと短くなり、太陽はすぐに沈んでいきます。秋の日はつるべ落としという言葉もあるみたいですね。

秋の山が、紅く色づいていくことを山粧う(やまよそおう)というそうです。俳句では秋の季語にもなっていますね。

七十二候は、ちょうどこの時期を3つに分けています。
初候は、鴻雁来(こうがん、きたる)ツバメと入れ替わるように雁がやってくるころ。初めて訪れる雁を初雁(はつかり)といいます。

次候は、菊花開(きくのはな、ひらく)菊の花が咲き始め、各地で菊の展示や品評会が行われるころ。

末候は、蟋蟀在戸(きりぎりす、とにあり)このキリギリスはこおろぎのことではないかといわれています。鈴のような音色で鳴くこおろぎは万葉集にも登場します。出典:にっぽんの七十二候

神無月について


10月は、神無月といいます。全国の八百万(やおよろず)の神様が、島根県の出雲に集まるそうです。全国の神様が留守をするので神無月というそうです。ちなみに、神様が集まっている出雲では神在月というそうです。

重陽の節句について


ちょうどこの時期には、旧暦の9月9日にあたる重陽の節句がありますね。五節句の一つで、菊の節句ともいいます。重陽の陽は、陰陽の陽で奇数になります。奇数が重なると吉日とされるみたいですね。

重陽の節句には、菊酒(杯に菊の花を浮かせる)を飲んで長寿をいのる風習があるそうです。そういえば、花札に花見に一杯、月見に一杯の、菊に盃(さかずき)の札がありますが、盃にはよくみると寿って筆文字で書いてありますね。

菊は、別名『千代見草』『翁草』『齢草』と呼ばれ、不老長寿の薬効がある花として、平安時代に中国から日本に伝わり珍重されました。菊の花弁に溜まった朝露を飲むと、不老不死になったという中国の王様のお話もあります。実際、菊の花のエキスには、抗酸化作用、デトックス作用の働きがある物質【グルタチオン】の再生を高める有効成分【テトラクマロイルスペルミン】が含まれる事が、科学的に立証されています。引用元:京都大石天狗堂

菊といえば、新聞に面白い話がのっていました。菊という漢字は読み方がひとつしかないそうです。キク。桜、梅、桃、たしかに。これは、まったく気づきませんでしたね。調べてみると、昔の中国では、キクのことをkuk(くく)と読んでいたみたいですね。菊は外来種なので、読み方がなく日本語の読み方に直したようです。

ひととおり書いた後に、重大なことが判明しました。今年の重陽の節句(新暦10月上旬~下旬ごろ)は、新暦だと10月7日だそうです。過ぎてる。。。

鹿の角切(つのきり)


奈良県では、鹿は神様の使いとされ大切にされています。春日大社の境内で、雄鹿が大きな角で人を傷つけないようにと、鹿の角を切リ落とす行事が江戸時代からおこなわれているみたいですね。340年の歴史があるそうです。

最後に


衣替えは、もうそろそろでしょうか。これからは、10月を半そでシャツで過ごすようになっていくのだとしたらショックですね。日本は南国になりそうです。


nice!(10) 
共通テーマ:日記・雑感

9月23日から二十四節季の秋分です [季節]

秋分と七十二候について


autumn.jpg
春分と同じく、昼夜の長さが同じになるのが秋分になります。この日を境に、日は弱く短くなり、少しずつ冬へと近づいていきます。

国立天文台のHPによると、日本の祝日を定めている「国民の祝日に関する法律」によれば、秋分の日は「秋分日」を採用するとされているそうです。

太陽の通り道を「黄道」というそうです。また、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」というそうです。黄道と天の赤道は、2点で交わり、その交点のうちの一方を「「秋分点」と呼ぶのだそうです。

そして、太陽が秋分点の上を通過する瞬間が「秋分」と定義され、「秋分」を含む日のことを、「秋分日」と呼ぶみたいですね。

七十二候について


七十二候は、ちょうどこの時期を3つに分けています。
初候が、雷乃収声(かみなり、すなわちこえをおさむ)夕立のころに鳴っていた雷が収まるころ。力強い入道雲が消え、澄んだ秋空に穏やかな鰯雲が広がります。

次候が、蟄虫坏戸(むし、かくれてとをふさぐ)寒さが少しづつ増し、元気に飛び回り鳴いていた虫たちが、巣篭もりの仕度をはじめ、土にもぐっていきます。

末候が、水始涸(みず、はじめてかるる)収穫の秋も最盛期を向かえ、どの田んぼからも水が抜かれて涸れる時期。稲穂が風になびく美しい風景が各地で見られます。にっぽんの七十二候より

秋の彼岸について


ちょうどこの時期に、秋の彼岸があります。秋分の日が、彼岸の中日にあたります。前後の3日ずつを合わせた7日間を彼岸といいます。

彼岸は、先祖供養の日にあたるそうです。もともとは仏教の言葉で彼岸が仏様の世界で、その反対に此岸(しがん)というのが人間の世界だそうです。

お墓参りをし、仏壇におはぎを供える習わしがあります。秋分の日も、祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ日、と規定されているようですね。

秋の彼岸といえば、彼岸花が知られていますね。よく田んぼのそばに植えてあるみたいですが、それは昔ながらの農家の知恵でモグラよけの意味もあるみたいですね。彼岸花の毒性をモグラが嫌がるそうです。

彼岸花の別名は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)といいます。山口百恵の歌にもありますね。あちらは、曼珠沙華(まんじゅしゃか)と読むみたいですね。サンスクリット語の読み方になるようです。

秋の社日について


秋の社日は、秋社(しゅうしゃ)ともよばれ、秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日で、田んぼの神様が山に帰る日とされているみたいですね。自分の生まれた土地を守っている産土神(うぶすながみ)に感謝のお参りをするそうです。

最後に


秋分の日は、もともと秋季皇霊祭がおこなれる大祭日(たいさいじつ)でした。戦後、GHQが祭日を嫌ったということもあって、当時の祝日を作った人たちが、苦心して祝日の中にいくつかの祭日をもぐりこませたという話を聞いたことがあります。

ですから、いまでも秋分の日には、秋季皇霊祭(秋分の日に、天皇が皇霊殿で歴代の天皇・皇后・皇親の霊をまつる儀式。コトバンクより)がおこなわれます。毎年、総理大臣や閣僚などが参列しますが、河野防衛大臣が、御下賜品(ごかしひん)の和菓子の画像をツイッターで紹介していましたね。なかなかお目にかかれないレアな情報ではないでしょうか。


nice!(12) 
共通テーマ:日記・雑感

©2019 ほぼほぼ日刊ブログ    ページトップ